本来は医療行為

イメージ的にピンと来ないかもしれませんが、脱毛とは美容外科に属するもので、本来は医療行為にあたります。つまり医療レーザー脱毛はその名称どおり、医師免許を持った人にしか許可されないものなのですね。

ではエステサロンでの光脱毛はどうなのかというと、以前、無資格の医療行為にあたると問題になったことがあるのです。しかし、光脱毛は出力が弱く一時的な脱毛効果しかないというエステ側の主張が認められ、医療機関と住み分ける形で決着し今に至ります。

脱毛を考える際は、こうした注意点を考慮して選びましょう。たとえば、エステなのに医療レーザー脱毛による永久脱毛を謳っていた場合は、そのサロンは、避けた方が懸命です。 クリニックで医療レーザー脱毛を受ける場合も、できれば、ホームページなどで資格を持った医師、看護師が施術を行う旨を明記してあるクリニックを選びたいところです。

少し気をつけなければならないのは、クリニックとの提携を宣伝しているサロンです。このタイプのサロンは、施術は基本的にエステとして行い、肌トラブルはクリニックで対応するというものです。 もちろん、経営や契約内容がきちんとしていれば問題はないのですが、実際にはいくつかトラブルが報告されています。

光脱毛のつもりで受けていたら実は医療レーザー脱毛で、熱傷を負ったとか、解約したいと申し出たら、医療行為だからといわれて多額の解約金を要求されたなど、施術や料金体系がどこに帰属しているのかが分かりづらくなっているために発生するトラブルが多いようです。

こうしたサロンは、医療機関のバックアップという安心感があり、両者の利点を併せ持ったものともいえますが、事前に肌トラブルや解約についてしっかりと確認を取っておく必要があるという注意点があります。

医療脱毛に抵抗がある方におすすめな脱毛は「痛くない脱毛」で有名なディオーネのハイパースキン脱毛がおすすめです。ディオーネ芦屋には詳しい脱毛情報が載っています。 敏感肌・ニキビ肌・アトピー肌の方でも脱毛できます。